風景入りスタンプの買取りと切手買取り

切手買取りを行うお店では、切手全般の買取りを行っていますが、切手収集をしている人の中には風景入りスタンプを集めている人が多くいます。

風景入りスタンプと言うのは、全国に在る郵便局で独自のスタンプを製作し、封筒などにスタンプを捺印させてから、底に記念切手や特殊切手などを貼る事で郵便として利用する事が出来るもので、旅行などで訪れた人が家族や友人などに手紙を送りたい時などに利用出来るアイテムです。

尚、この風景印と言うのは定期的に図案が変更になるのが特徴で、古い時代に捺印された図案の中には珍しいものが在る事、そして一度廃止となれば同じ図案の風景印が無くなるなどの理由からも、収集を行う人にとって集める楽しみが在る等の魅力が在ります。

尚、風景入りスタンプは切手買取りのお店であればどこでも買取りを行っているわけではありませんので、インターネットを利用して買取りをしているお店を探すと言う形が望ましいのですが、お店を経営している人が高齢者などの場合、ネットでのお店の宣伝などをしていない事もあるため、口コミ情報を利用して買取りをしているお店を探す方法やネットオークションを利用して出品する方法などがお勧めとなります。

風景入りスタンプの魅力と言うのは、郵便局毎に異なる図案のスタンプが用意されており、同じ図案のスタンプは永遠に在るものでは無く、図案が定期的に変更されるため、集める楽しみと言うものが魅力になっています。

尚、風景入りスタンプが家の中から大量に出て来ると言う事も在ります。

自分が過去に集めていたものなどの場合は、どのような物が在るのか、そして価値はどの程度在るのかなど、収集をしているなどの理由からも把握がし易いのですが、両親が集めていたものが家の中から大量に出て来た場合などでは、処分する方法として切手買取りのお店を選ぶと言う方法も在ります。

尚、「風景入りスタンプの買取方法とは」を参考にすることで、どのようなお店で買取りをして貰えば良いのかを知ることが出来るのでお勧めです。

一般的に、切手を処分する場合には切手の専門店に持って行くのが一番なのですが、風景入りスタンプは切手とは異なるコレクションの1つであり、全てのお店で買取りをして貰えるわけではありません。

そのため、買取りをしてくれるお店をネットで探すと言う事になるのですが、切手収集は高齢化が著しい事からも、収集を行っている人や切手買取りのお店の人も高齢者が多く、お店のホームページを開設しているケースは少ないと言われています。

因みに、オークションを利用する事で、状態が良いものであれば買い手が付き易いと言われています。

アニメ絵などの切手買取について

近年、インターネット・スマートフォンなどの普及により誰でも簡単に他者へ文章を送ることができます。

しかし昔ながらの古き良き手紙。やっぱりもらうとうれしいですよね。

手紙にある切手をそのままにしておくのはもったいないと思います。もったいないと思った切手を切手買取という手段でお得な気分になってみませんか。

アニメやゲームに使われているキャラクターなどいろんな絵柄がありますよね。

いろんなアニメの様々なキャラクターの切手を買い取りしてもらって「こんな切手も存在するんだよ」と

自分の好きなアニメの布教にもなるかもしれませんね。

私もよく他人にお手紙を書くのですが、もらった手紙についてある切手がおしゃれだったり、可愛かったり

好きな絵柄だったらうれしいです。

送る人、手紙を受け取ったひとがちょっぴり幸せを感じる切手。切手買取にだしてみて切手を集めている人やあなたの切手がほしい方がいらっしゃるかもしれません。

まずは不要になった切手を用意して、いくらで買い取れるか正しい値段を知るために専門店へ査定してもらいましょう。自分の持っていて使わなくなった切手が案外需要があったりするかもしれませんね。

そのまま処分するのはもったいないですよ。

 突然ですが、私はアニメが大好きです。

幼いころからいろんなアニメを見て育ってきました。日本には偉大なアニメが多く存在していて、その世界や描き出されるキャラクターの表情や感情に、常日頃生きる気力をもらって生活しています。

個人的に、自分のバイブルとなるアニメがいくつかあるのですが、学園モノのアニメの中で主人公に思いを寄せているクラスメイトの口下手な女の子が気持ちを言葉にすることができないので

手紙にして出すというシーンがありました。緊張しながら時間をかけた手紙に名前を書き、最後の仕上げに桜の木のきれいな切手を貼り、ポストに入れたシーンがかなり記憶にのこっています。

こうした思い入れのある場面や普段のなにげないときに「手紙」のいろどりになるもの。

切手処分するまえに査定して切手買取を検討するのはどうでしょうか。あなたが「もう使わない」と思って持っている切手を買い取りにだしてほかの人の思い入れのある手紙をかざってみまましょう。

どこかの誰かが自分の好きな・または持っていて必要がなくなってしまった切手を買って幸せな気分になるんだと思うとワクワクしてきますよね。

まずは切手買取の専門店に行ってみて、査定をしてもらいましょう。

郵便局での切手交換と切手買取りについて

切手を売りたい場合に利用する事が出来るのが切手買取りの専門店や金券ショップになります。

専門店の場合は、切手の価値に応じて買取り額が定められて取引が行われることになりますが、切手の買取り額は額面を基準にして計算が行われるケースと、切手の価値に応じて金額が決められる2通りが在ります。

比較的新しい切手や切手ブームと呼ばれていた、1960年代より1980年代の時代の切手は額面の半値などで取引が行われ、1950年代以前の切手については切手の価値に応じて取引が行われると言ったケースが多く在ります。

また、切手はバラ品よりもシート単位の方が高く売れると言った特徴が在りますし、金券ショップの中には切手シートのみを買取り対象とし、バラ品や記念切手などの収集向けの切手を対象外としているケースが在ります。

尚、切手はこれらのお店に持って行くことで買取りが行われて、現金化する事が出来ると言う事です。

因みに、切手が破れてしまった時や古くなってしまった現行切手を新しいものに変えたい場合は、郵便局に持って行くことで新しい切手と交換して貰う事が出来ます。

これは書き損じてしまったハガキなどについても郵便局で新しいハガキと交換してくれるのと同じなのですが、古い時代の切手は交換して貰えない事も在ります。

余った未使用切手の交換についてはこちらを参考にされるのがお勧めです。

郵便局では使わない未使用切手を交換して貰う事が出来るサービスを行っていますが、切手が要らないから現金にしたい場合には切手買取りのお店に持って行くか、金券ショップに持って行くことで現金化する事が出来ます。

但し、金券ショップや切手を買取りしているお店に持って行った場合、額面を下回る事も少なく在りませんし、額面を下回る場合などでは半額以下になる事も在ります。

余った切手は郵便局に持って行くことで新しい切手と交換して貰う事が出来ます。

例えば、10年前に発行された20円切手は郵便物に使用することも出来ますが、この切手が要らないのであれば郵便局に持って行って、最新の切手に交換して貰います。

その後で、金券ショップに持っていけば、金券ショップでは販売する目的で切手を買取りしているため、通常よりも高く売ることが出来ると言う買取りにおけるコツも在ると言う事なのです。

20円切手はそのまま金券ショップや専門店などに持ち込んでも、額面の半額近い金額で買取りとなりますが、新しい切手の場合は、需要が高い事からも金券ショップで買い取って貰う場合でも、額面の80%の金額で買取りして貰えると言うメリットがあるわけです。

浮世絵シリーズの切手買取りについて

一般的に、切手買取りのお店では幅広いジャンルの切手の買取りが可能になりますが、1960年代から最近の切手というのは、額面を下回る金額で買取りが行われるケースが多く在り、現在の額面は52円や82円と言った金額になっていても、1960年代の額面は10円や5円と言った金額であり、この金額を下回ると言う事は二束三文と言った金額で取引が行われることになるわけです。

但し、切手の発行年度などに応じて額面の2割り落ちや5割り落ちと言った具合になるため、10円の切手が1枚1円で買取りされると言う事は在りませんが、バラ品の切手の買取りレートは低く、切手を高く売るためにはシート単位が良いと言われています。

尚、特殊切手と言うのは単独で発行されるものもありますが、大半がシリーズ化されて発行されているのが特徴です。

浮世絵シリーズは、浮世絵をモチーフにしたシリーズ切手で、第1集から第4集までの4種類が発行されています。

何れも最近発行されたシリーズ切手と言う事からも、切手買取りでは額面を下回る金額で取引が行われるのが特徴です。

また、浮世絵シリーズは1枚のシートの中に異なる図案の80円もしくは82円切手が10枚収められているもので、シートの状態であり、汚れや傷、折れなどが無い美品の状態であれば買取りをして貰えますが、バラバラになっている場合などでは買取りが出来ないケースも在ります。

浮世絵シリーズの切手と言うのは特殊切手に含まれるもので、全4集が現在発行済になっています。

発行日は第1集が2012年8月1日、第2集が2013年8月1日、第3集が2014年8月1日、第4集が2016年2月26日になります。

額面は第1集と第2集が80円、第3集と第4集が82円で、発行枚数は第1集が1,500万枚、150万シート、第2集と第3集が1,200万枚、120万シート、第4集が1,000万枚、100万シートになっています。

尚、浮世絵シリーズの切手買取りについては、「切手の価格についての質問です」を参考にするのがお勧めで、浮世絵をモチーフにしている切手の中には切手趣味週間と呼ばれているシリーズ切手も在ります。

切手趣味週間の切手も浮世絵シリーズと同じく特殊切手に分類されるもので、第1集は1948年に発行された「見返り美人」(額面5円)、その翌年に発行された「月に雁」(額面8円)、1955年には第3集となる「ビードロをふく娘」(額面10円)、1956年の「えび蔵」(額面10円)などが在り、以降毎年1回の割合でシリーズ切手が発行されているのが特徴です。

尚、最近発行されている浮世絵シリーズの切手は、1枚のシートに10種類の図案の切手が収められているため、シートから切り離してしまうことで切手の価値が下がることになります。

使用済みの切手が切手買取り可能なケース

切手買取りを利用する場合には幾つかのポイントを抑える事で買取り額が高くなる事も在ります。

郵便局では、使わなくなった切手を新しい切手に交換してくれるサービスを行っています。

古い時代の切手は交換して貰えない事も在りますが、図案が変更になった普通切手などの場合は、最新の切手と交換する事で、金券ショップで売る事で、額面よりも少し低い額で買取りをして貰う事が出来ます。

また、切手の買取りと言うのはバラ品よりもシート単位の方が高く売れるため、大量に在る未使用切手を郵便局に持って行き、そこでシート切手に交換して貰えば、バラ品で大量に売るよりも高く売れますし、売る時にもスピーディーな対応をして貰えるなどのメリットも在ります。

尚、使用済みの切手が大量に在り、処分をしたい場合は郵便局では対応をしてくれませんし、金券ショップでは未使用品が対象となるため、専門のお店の中でも未使用品の切手を買取りしてくれるとことを探したり、ネットオークションなどを利用して出品する事で興味を持つ人が入札をしてくれるケースが多く在りますし、日本の切手は図案が綺麗であり、外国人などからの人気も高くなっており、外国人などが入札をしてくれるケースも在るなど、使用済みの切手も売ることが出来ます。

家の中を整理していた時に、使用済み切手や未使用切手が大量に出て来ると言うケースが在ります。

未使用切手は利用価値が在るものの、使用済み切手と言うのは現金化としての価値は薄いとイメージされる人も多いかと思われますが、未使用切手と同じく古い時代のものなどは希少価値が高いことからも、使用できないものでも売ることが出来ますし、切手は未使用品よりも使用済みの方が高く売れるものもあります。

これは消印が付いている事で価値を高めているもので、小型シートに消印が在る物や、切手の中に綺麗な状態で消印が在るものなどの場合は高く売ることが出来ます。

尚、大量にある未使用切手と使用済み切手についてはこちらを参考にすることで、売り方のコツやどのような切手が高く売れるのかなどを知る事が出来るのでお勧めです。

また、大量に切手をお店に持っていくと迷惑をかけてしまうのではないか、と言った不安を感じる人もいますが、未使用の切手であれば郵便局に行って新品の切手、しかもシート単位で交換して貰う事で高く売る事も可能です。

また、シート単位であれば査定を行う時にもスピーディーな対応をして貰えるなどのメリットも在るなど、切手買取りにおけるコツです。

海外の切手を売るための切手買取りのお店

日本国内の切手と言うのは、切手カタログなどを見る事で切手の価値を知ることが出来ますが、外国の切手の場合は切手カタログと言うものが無いため、価値を知ることが意外と難しいと言われています。

因みに、最近中国切手を買取りしている専門店が増えていますが、買取り需要が高い事からも中国切手のカタログが登場するなど、日本の切手だけではなく海外の切手の価値もカタログが在れば解ると言う事です。

尚、海外の切手を売りたい場合にはお店を選ぶ事が重要なポイントになります。

これは単に外国切手の価値が解り難いと言う事だけではなく、買取りをしているお店と言うのは専門店であれば全てと言う事ではないからです。

切手買取りを行っているお店の多くは、日本の未使用切手を主に取り扱うのが特徴で、これに加えて中国やアメリカ、イギリスと言った幅広い国々の切手を買取るためには切手の知識が多く必要になります。

また、中国切手は別としても、他の国の切手の価値はカタログなどにより解るものであり、そのカタログが無いなどの理由からも買取りをしていないお店も多く在りますし、お店の中には日本切手のみとなっており、海外の切手は買取りが出来ない所もあるからなのです。

海外の切手を大量に持っている人の中には、集めた切手、親や祖父などから譲りうけた人も多くいますが、切手は日本も海外のものも昭和30年以降の価値は低いと言われており、切手買取りを利用して処分したとしても、1枚10円や20円と言った金額で引取りして貰うのが一般的だと言われています。

また、海外の切手と言うのは日本の切手と違い、価値が解り難いのが特徴で、売りたい場合などでは「外国切手を買取してもらった事のあるかた」を参考にするのがお勧めです。

切手には一般的なもの以外にも、エラー切手と呼ばれているものが在ります。

これは日本の切手だけではなく、海外の切手も同じで、エラー切手は希少価値が高いため、切手買取りの中では高額の査定となるケースが多く在ります。

また、日本の切手は未使用品のみを買取るお店も在れば、消印がついている使用済み切手も買取りしてくれるお店も在ります。

実は、使用済み切手の中にもプレミアが付くものが存在しており、切手の枠内に、郵便局がスタンプした時の消印の円が綺麗に収まっているものは満月印と呼ばれているもので、切手を収集するコレクターの間では人気が高く、買取り査定の時などは高額査定となるケースが多く在ります。

20世紀切手を切手買取りして貰う場合の相場とは

郵便料金は切手を使う事で支払いが可能になりますが、郵便切手と言うのは20世紀から現代にかけて発行されているもので、その数は膨大な量となります。

また、切手には色々なシリーズ切手が在るのが特徴で、そのシリーズ切手の一つに20世紀デザイン切手と呼ばれているものが在ります。

20世紀デザイン切手は第1集から第17集までの17種類が在り、第1集は1901年の「みだれ髪から」、第2集は「明治から大正へ」、第3集は「東京駅開業」から、と言った具合にそれぞれテーマが在るのが特徴で、切手を集めている人の中には全シリーズを持っていると言う人も少なく在りません。

因みに、第1集の「みだれ髪から」が発行されたのは平成11年8月23日、第2集は平成11年9月22日、第3集は平成11年10月22日であり、平成11年の8月より毎月22日もしくは23日、郵便局が営業している日を発行日としているのが特徴で、以降月に1度の割合で発行が行われ、第17集は完結編として平成12年12月22日に発行された「皇太子殿下御成婚」までの17のシリーズが用意されたと言う事です。

尚、20世紀デザイン切手は比較的新しい切手と言う事からも、切手買取りの中では額面を下回る金額で買取りが行われるのが特徴です。

20世紀デザイン切手は平成11年8月23日に第1集が発行され、平成12年12月22日に発行された第17集まで、全部で17種類のファイルに収められた記念切手の一つです。

切手買取りを利用して20世紀デザイン切手を売りたいと言う人は、「20世紀デザイン切手、ファイルに入っている」を参考にするのがお勧めです。

因みに、20世紀デザイン切手は毎月1回発行が行われたもので、A4サイズの印刷物の中には色々な切手や切手についての解説などが行われており、専用のファイルを利用する事で、全シリーズを1つのファイルに収める事が出来るようになっているものです。

切手買取りなどの場合は、額面の80%前後の額で買取りをしている専門のお店も在るため、不要な場合にはこのようなお店を利用するのがお勧めです。

尚、一般的な切手にはシートに収められているものと、シートより切り離されたバラ品が在りますが、20世紀デザイン切手は1枚の用紙に切手と解説などが印字されているものであり、ここから切り離すことで価値はゼロに近い形になります。

そのため、買取りに出す時にはそのままの状態で持って行く事、専用のファイルに収めた状態でお店に持って行くことで、全シリーズをまとめて売ることが出来ます。