郵便局での切手交換と切手買取りについて

切手を売りたい場合に利用する事が出来るのが切手買取りの専門店や金券ショップになります。

専門店の場合は、切手の価値に応じて買取り額が定められて取引が行われることになりますが、切手の買取り額は額面を基準にして計算が行われるケースと、切手の価値に応じて金額が決められる2通りが在ります。

比較的新しい切手や切手ブームと呼ばれていた、1960年代より1980年代の時代の切手は額面の半値などで取引が行われ、1950年代以前の切手については切手の価値に応じて取引が行われると言ったケースが多く在ります。

また、切手はバラ品よりもシート単位の方が高く売れると言った特徴が在りますし、金券ショップの中には切手シートのみを買取り対象とし、バラ品や記念切手などの収集向けの切手を対象外としているケースが在ります。

尚、切手はこれらのお店に持って行くことで買取りが行われて、現金化する事が出来ると言う事です。

因みに、切手が破れてしまった時や古くなってしまった現行切手を新しいものに変えたい場合は、郵便局に持って行くことで新しい切手と交換して貰う事が出来ます。

これは書き損じてしまったハガキなどについても郵便局で新しいハガキと交換してくれるのと同じなのですが、古い時代の切手は交換して貰えない事も在ります。

余った未使用切手の交換についてはこちらを参考にされるのがお勧めです。

郵便局では使わない未使用切手を交換して貰う事が出来るサービスを行っていますが、切手が要らないから現金にしたい場合には切手買取りのお店に持って行くか、金券ショップに持って行くことで現金化する事が出来ます。

但し、金券ショップや切手を買取りしているお店に持って行った場合、額面を下回る事も少なく在りませんし、額面を下回る場合などでは半額以下になる事も在ります。

余った切手は郵便局に持って行くことで新しい切手と交換して貰う事が出来ます。

例えば、10年前に発行された20円切手は郵便物に使用することも出来ますが、この切手が要らないのであれば郵便局に持って行って、最新の切手に交換して貰います。

その後で、金券ショップに持っていけば、金券ショップでは販売する目的で切手を買取りしているため、通常よりも高く売ることが出来ると言う買取りにおけるコツも在ると言う事なのです。

20円切手はそのまま金券ショップや専門店などに持ち込んでも、額面の半額近い金額で買取りとなりますが、新しい切手の場合は、需要が高い事からも金券ショップで買い取って貰う場合でも、額面の80%の金額で買取りして貰えると言うメリットがあるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です